女性ホルモンバランスが乱れるとオス化現象が!

気をつけよう!女性ホルモンのバランスの乱れ

爪が割れやすくなった場合


女性の場合、ネイルアートをしたり、マニキュアを塗ったり、手元のおしゃれをした

 

いものです。それなのに、爪が割れやすく、ストッキングにひっかかりやすいと、嫌

 

なものです。

 
通常、健康であれば、薄いピンク色のつやのある状態になります。しかし、栄養の

 

バランスが崩れて不健康な状態が続いたり、栄養が十分に行き届かないと、ちょっ

 

とした衝撃や引っ掛かりで簡単に割れてしまったり、表面がデコボコしてきたり、た

 

てに白いスジができてきたりします。

 

sleep_l
それでは、割れやすくスジが

 

できやすい時の対処法を挙

 

げてみましょう。

 
栄養バランスを考えた食事を摂ることです。

 
まずは、ツメの成分であるタンパク質を摂ることです。

 

植物性のタンパク質である豆腐や納豆などの大豆製品がおススメです。

 
ケイ素は人の組織間をつなげる成分です。玄米やレバー、豆類などを摂りましょ

 

う。

 
亜鉛はタンパク質の合成を助ける成分です。カキやレバー、うなぎなどを摂るよう

 

に心がけましょう。

 
ツメでその人の体調がわかるといわれています。急に割れたり、裂けたりすることが

 

あれば、内臓の病気の可能性もあるので、医療機関の受診をおススメします。

 

バランスのとれた食事と規則正しい生活を心がけ、健康的な毎日を送りましょう。


肌が乾燥しやすくなった場合


しっとり艶やかな肌を目指す女性にとって、肌の乾燥は気になるところです。

 

その原因は様々ありますが、新陳代謝能力の低下もその一因です。

 

つまり、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、本来なら体外へ排出される

 

べき古い角質が残ってカサカサになってしまうということです。

 
それではなぜ、ターンオーバーが正常に行われなくなるかというと、その原因は

 

様々ですが、老化現象もその大きな要因です。老化によって真皮層の

 

コラーゲンやヒアルロン酸が減少し、肌の水分が不足、ツヤやハリのない肌になっ

 

てしまうのです。

 
女性は特に更年期を過ぎると、お肌の老化現象が顕著になりますが、

 

これは美肌ホルモンとも言われるエストロゲンが急激に減少することが原因です。

 

エストロゲンは女性らしい体を作るホルモンですが、それ以外にも血管や骨も強く

 

し、脳や自律神経の働きを促進させるなど、健康維持にも大きく関与しているので

 

す。

 

sleep_l
よって、老化現象によるカサ

 

カサ肌を治すには、ホルモン

 

バランスを整えることが第一です。更年期治療の方法としてのプラセンタ注射が心

 

身ともに非常に効果が期待できます。しかし、注射には抵抗があるというならば、

 

プラセンタのサプリメントを使用するのがお勧めです。つややかなしっとりした肌に

 

なれるかもしれません。


ヒゲやすね毛が濃くなってくるのは男性ホルモンの影響大


最近では女性でもヒゲが生えてきたり、すね毛などの体毛が濃くなったなどの症

 

状が現れる方が増えているということを耳にする機会が増えてきました。なぜこの

 

ようなことが起きるのでしょうか。先に挙げたような毛は男性ホルモンがつかさどっ

 

ているため、ホルモンバランスが崩れるとイライラしたり、生理不順になったりする

 

他に、体毛が濃くなることがあります。元々男性ホルモンは女性でも分泌している

 

ものなのですが、食生活が乱れてきたり、不規則な生活をしたり、過度なストレスを

 

感じたりするとホルモンバランスが崩れてしまい、その一つの症状として体毛が濃

 

くなるのです。では、このような状態になってしまった場合にはどうすれば良いの

 

でしょうか。まずは、不摂生を繰り返していた人はそれを止めることが先決です。

 

sleep_l不摂生をしながら何か身体に

 

良いことをしても効果が出に

 

くいので、まずは生活を改め

 

ることが必要です。しかし、ストレスが原因の場合はそれを全くなくすことは難しい

 

と言えるでしょう。生活をしていれば何かしらのストレスを感じるのは当たり前なの

 

で仕方ありませんが、できるだけそれをためないようにしてうまく発散する自分なり

 

の方法を見つけることが大切です。それに加えて何か出来ることといえば、身体を

 

冷やさないようにしたり、バランスのとれた食事をすることが重要です。

 

特に大豆にはイソフラボンが含まれており、これは女性ホルモンに似た働きをす

 

るため、気になる症状を緩和してくれる可能性がありますので積極的に摂取する

 

と良いでしょう。気にしすぎてまたそれがストレスになってしまわないように休むとき

 

はゆっくりと休んで規則正しい生活を心がけましょう。


膣がかゆい、カンジダ膣炎になりやすくなった場合


女性のなりやすい病気の一つに膣炎があります。原因はいくつかありますが、

 

肛門から近いために大腸菌などの雑菌による場合が少なくありません。症状はさ

 

まざまですが、膿のように黄色いオリモノが出た場合は、病院で診察してもらう必

 

要があります。また何となく局部がかゆくなり、チーズのように固まったオリモノが

 

出るものに、カンジダ膣炎があります。カンジダ膣炎は、カンジダ菌という一種のカ

 

ビで、身体の別の部分に炎症を起こす場合もあります。これらの症状がでた時は、

 

sleep_l婦人科で薬を入れれば、約

 

一週間くらいでよくなるのが

 

普通です。一般に妊娠可能

 

な年齢期にある女性は、内部が酸性に保たれているために、多少の雑菌が入っ

 

ても自浄作用によって、炎症になるのを防いでいるものです。ところが何らかの原

 

因により免疫力低下が起こった場合は、炎症を起こしやすくなります。特に閉経期

 

近くになると、急激に女性ホルモンであるエストロゲン欠乏が起こり、さまざまな症

 

状を引き起こすのです。それが一般に更年期障害と言われているものです。女性

 

特有の病気、特にカンジダ膣炎は、ほおっておいては治りませんから、症状が出

 

たら、病院に行って早期に治療することが必要です。


疲れやすくなった場合


仕事や家事、子育てなど現代はストレスが非常に多い社会となっています。

 
そのため、身体が疲れやすい場合が多くなっています。

 
このような疲労を回復させるためには、日々の生活に気を使わなければなりませ

 

ん。

 
つまり、通常の生活を送っているだけでは、通常通り疲労が蓄積されてしまうので

 

す。

 
何かを変えなければ疲労を回復させることができません。

 

sleep_l
しかしながら、時間をかけて

 

疲労を回復させる方法では、

 

続けることも忙しい場合始めることもできません。

 
そこで、最も簡単な方法で疲労を回復させる方法があります。

 
それがエストロゲンという乳酸を使った方法です。

 
エストロゲンは身体の血流をよくし、身体の代謝を上げる役割があります。

 
身体の代謝が上がれば、身体はしっかりと栄養を補給し、その分しっかりと休ませ

 

ようとする力が働きます。

 
それにより、寝つきがよくなり、かつ身体に食事の栄養素がいきわたるようになるた

 

め、朝の目覚めも良くなるのです。

 
熟睡できて身体を十分に休息できるようになるため、身体から疲労感がどんどん

 

抜けていきます。

 
これを続けていくだけで、疲れない身体が完成するのです。

 
エストロゲンの価格はとてもリーズナブルで、いつでも始められるようになっていま

 

す。


顔がほてりやすく、腰や手足は冷える場合


暖房が効いた部屋にいるのに腰や手足は冷たい、顔ばかりほてってしまう。

 

こんな経験はないでしょうか?

 
これは血行が悪いために起こる現象です。

 
血行が悪い人は、ほとんどの場合下半身や手足から身体が冷えていきます。

 

そして温かい空気は天井にたまりやすく冷気は床にたまりやすいため、暖房をつ

 

けているとよりこの傾向が強まりがちです。

 
ただ冷え性というだけならいいのですが、血液の流れが滞ってる原因が女性ホル

 

モンのバランス異常によるものだと問題が出てきます。更年期障害の疑いです。

 
自分はまだ若いから大丈夫なんて思ってませんか?

 

sleep_l
実は強いストレスや過度の

 

ダイエットによって女性ホル

 

モンが減少し、三十代以下の若い層にも「若年性更年期障害」が発生するおそれ

 

があるのです。

 
更年期障害は卵巣機能の低下で女性ホルモンが減少することよって起こり、

 

同時に様々な身体の不調を誘発します。基礎体温を測っている方はご存知と思

 

いますが、生理の高温期と低温期ではだいたい0.3度以上の差があります。女性

 

ホルモンが減少するとこの体温調整のセンサーが乱れてしまい、身体の冷えとほ

 

てりが起こるのです。

 
ひどくなると室温が高いわけでもないのに突然暑さを感じ、汗まで出てくるといっ

 

た症状が起こることがあります。これをホットフラッシュと言います。

 
ホットフラッシュ後は急激な寒気に襲われ、疲労感とダルさで歩けなくなる事さえ

 

あります。

 
しかし重く悩む必要はありません。対処法は通常の冷えと同じ、身体を手足から

 

温めることで緩和させることができます。

 
肩の力抜きリラックス。更年期障害と上手く付き合っていくコツは、まず原因が何か

 

を自覚する事とストレスをためないことなのです。


寝付きが悪い、よく眠れない場合


寝付きが悪い、よく眠れないといった、睡眠障害の様な症状が現れたら、それは

 

女性ホルモンの乱れによるものかもしれません。

 
女性ホルモンは、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの

 

2種類で、排卵日前後でその分泌量が変化し、生理のサイクルを整えています。

 
これらの女性ホルモンは、思春期頃から分泌量が増え、そして20代から30代辺り

 

でピークを迎え、40歳を過ぎた頃からは分泌量が減っていきます。

 

sleep_l
この女性ホルモンのうち、

 

排卵日から月経前あたりの

 

多く分泌される黄体ホルモンは、睡眠の質を悪くさせる働きがある事でも知られて

 

います。

 
生理の前に、眠くて仕方なくなったり、逆にうまく眠れなくなったりという症状が出

 

る人は、この黄体ホルモンによるものである可能性が高いです。

 
ただ、このホルモンの分泌期間が終わると落ち着く症状なので、

 

この期間はなるべくリラックスして過ごす事を心がけるようにすると良いでしょう。

 
40歳を過ぎた辺りの更年期と呼ばれる年齢で眠りに関する症状に悩まされたら、

 

一度専門の病院を受診しておくと良いでしょう。

 
更年期が終われば落ち着くとされていますが、しんどい場合は、適切な治療を受

 

けておく事が大切です。


お酒に強くなってきた場合


ホルモンバランスがくずれることによって、イライラするようになった、

 

体毛が濃くなってきたなどの症状が出ることはよく知られていますが、

 

これらの他にも最近お酒に強くなってきたという方は要注意かもしれません。

 

実は、女性ホルモンのエストロゲンはアルコールの分解酵素の働きを弱めるので、

 

エストロゲンの分泌がしっかりとある時期は酔いやすいと言われています。

 

sleep_lしかし、ホルモンバランスがく

 

ずれて女性ホルモンの分泌

 

が減少するとこの働きを抑制

 

できなくなるため、飲んでもあまり酔わなくなった、強くなったとい感じることがある

 

といいます。閉経後の女性もこのような症状が出る場合があります。

 

特に、女性は男性よりもアルコール依存になりやすいため、注意が必要です。

 

ホルモンバランスがくずれる原因はさまざまなものがありますが、食生活の乱れ、

 

冷え、ストレスなどが主な原因だと言われています。思い当たる方は、まずは不規

 

則な生活を改め、ストレスをできるだけ軽減していくような対策をとることが必要で

 

す。それに加えて、女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンを積極的に

 

摂取することが大切です。イソフラボンは大豆に多く含まれていますので、普段の

 

食事にうまく取り入れていくことをお勧めします。


生理前の症状がひどくなってきたり、不順の場合は要注意


女性にしかわからない、生理前のイライラや生理中の不安や体調の悪さ、

 

これらに悩んでいる人も多いことでしょう。

 

人によって症状は様々ですが、生理の前は胸が張ったりなぜが不安になったり

 

イライラしてものごとがうまく進まなかったりとストレスを

 

感じます。また、生理中は経血が漏れていないかと心配したり生理用品を取り換

 

える時間も考えなければならないなど普段とは違う生活を余儀なくされます。

 

大人になってから生理痛が軽くなった、重くなったと感じる人もいます。

 

sleep_l顔にニキビができるようになっ

 

たりぎゃくにできなくなったり

 

することもあります。このような

 

現象が生理の前に起こり、それがひどくなるよであったら病院や専門機関に相談

 

することが必要です。生活習慣が乱れていたり、過度のダイエットや肥満で生理の

 

周期が不順になってしまった場合も同様です。生理不順は女性ホルモンの乱れ

 

により起こるものとされています。

 

女性が健康的に生活をするためには身体的にも精神的にもバランスが取れてい

 

ることが大切です。

 

女性ホルモンのバランスを見直すためにも生理の前や生理中に以前よりも症状が

 

ひどくなっていたり、自覚できるほどの変化があった場合には専門家に相談して

 

みるとよいでしょう。